2008年01月22日

膀胱炎

18日の夕方、風がトイレに入ってるとちゃ〜ちゃんが入ってきて用をたしていたそうな…

そしたら、『母さ〜〜んグッド(上向き矢印) ちゃ〜ちゃんのオシッコピンク色が有るどんっ(衝撃)
と言って大きな声で知らせてくれました。

ビックリして見に行くと…

薄っすらと綿棒で色を付けた位の着色ががく〜(落胆した顔)

その後も何度も時間を掛けてオシッコを出そうと頑張ってました。
ちょうど猫のきもちで冬の病気を特集してたので、調べてみると
何となく尿石症に似た症状たらーっ(汗)

只、その時間はかかり付けの動物病院は診察終了してるし、翌日はどうしても抜けれない用事が有って病院には早くても明日の夜しか連れて行けないもうやだ〜(悲しい顔)

そういえば、水分足りてるのかしら?とも思ったので強制水分補給あせあせ(飛び散る汗)
口の中に少しづつ水を流し込んでちょっと飲んでもらったり。

翌日は仕方ないのでご飯に缶詰を混ぜて、出かける時にはドライをふやかして置いて行きました。
きっと食べてないだろうなふらふらとも思ったけど、空腹には勝てずに食べてくれるかな?なんて期待半分かわいい

用事は気になりながらも何とか済ませて、速攻高速をぶっ飛ばして帰ってきて、トイレを確認して、ご飯も見に行って
そのまま、病院へ車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

長い時間待たされて、ちゃ〜ちゃん『おうんどんっ(衝撃) おうんどんっ(衝撃)』と聞いた事もない声で鳴きながら待つ事1時間時計

やっと院長先生の診察exclamation×2

お腹の辺りから足の付け根の辺りを入念に慎重に触診していただき
その後、この1週間の様子を離しながら出た診察結果は『膀胱炎』

猫の膀胱炎には2タイプあるようで

1。 ウィルス性の膀胱炎

2。 食事の変化による膀胱炎

ちゃ〜ちゃんの場合は


15日に買い物に出かけてドライフードがなくなりかけてると思い、
買いに行ったんですね車(セダン)
いつも食べてるドライが何故か品切れもうやだ〜(悲しい顔)
仕方なく、同じ程度で栄養・健康面のバランスがとれてる物を買って帰り、その日から残りのドライと新しいドライを交互にあげたんです。

これが悪かったたらーっ(汗)

院長先生曰く『猫の膀胱炎の80〜90%は食事が変わった事で起こるので今回はほぼ2であろうと…』

一先ず、膀胱にたまった結晶を取り除くために皮下点滴なるものをして
淀んだ汚い尿を早く出させ、後は健康だった頃の食事に戻して様子を見ましょう目と言う事になり

肩甲骨の辺りに皮下点滴注射

あれよあれよと言う間にちゃ〜ちゃんは『ひとこぶラクダ』に変身ぴかぴか(新しい)

可哀想な事だけど大笑いしてしまいましたわーい(嬉しい顔)

その後の経過は順調で、快食快便るんるん

オシッコにはまだ少しの時間がかかりますが、色も正常になってきたし、抗生物質のくすりも飲んでるので何とか元の不思議ちゃんに戻ってくれそうです揺れるハート

574.jpg

みなさんも冬特有の病気には充分気をつけてあげて下さいねかわいい
(私が言っても説得力ないですけど・・・)

ニックネーム 海風かあさん at 10:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じゅら〜、大変やったねぇ〜。
おなかがちょっとビックリしちゃったんだね。
でも、風ちゃんが気づいてくれてよかった!
えらいよ〜。やっぱり日ごろからよく観察して、
よく触って、変化に気づいてあげたいですよね。
自分が彼女らの異変に気づけているか、
今一度点検してみなくては!!
ちょら〜、お大事にね〜。
Posted by はりこっち at 2008年01月24日 22:32
よく気付きましたね〜!!風ちゃん凄い!ぴかぴか(新しい)
おしっこに血が混じると・・・びっくりしますよね・・。

早く そらちゃんの膀胱炎が治りますように!!猫(笑)
Posted by さくら at 2008年01月28日 00:30
そらちゃん大変でしたね。

早く気がついてよかったです。風ちゃんのお手柄だね。

フードが換るだけで、こんなことも起こっちゃうんですね。。。

ヒトコブラクダは申し訳ないけど、たしかに、、、、笑える!
Posted by あぐり at 2008年01月29日 08:55
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1269397
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック